Robo-Pat 導入事例

E社の事例外部に情報を出さないので、セキュリティも安心!

  • 業種

    金融業

  • 概要

    与信審査依頼を基幹システムに転記し、結果をフィードバック

  • 内容

    各営業担当から挙がってくる与信審査。
    必要情報を、社内の基幹システムに入力をすると、審査部門の審査結果が後日反映される仕組みになっています。

    事務スタッフは、そのとりまとめとして、
    ・基幹システムへの入力
    ・審査結果が出ているかどうかの定期確認
    ・営業担当者への結果のフィードバックを常に作業として行っています。

    これを自動化できないかという議論は以前からあったものの、「外部につながる仕組みでは、情報管理の観点でNG」ということで検討が進みませんでした。

    Robo-Patはスタンドアロン型で、今まで通り、外につながずに自動化できるので、懸案事項が解決して導入に至りました。