Robo-Pat が考える「効果的なRPAの活用」

働き方改革の目玉として、
すでに多くの企業が導入の検討を始めている

RPA  ロボティック・プロセス・オートメーション

しかし、使い始めた方の多くから

「これでは働き方改革にならない… 」

という声が、数多く聞こえてきます。

それは、一般的なRPAソフトでロボットを作成するには、
専門的なプログラミング知識が不可欠だから。

社内の専門技術者が多くの時間と労力を費やしたり
システム会社に費用を払って外注したりしなければなりません。

「働き方改革」とは、一部の社員や外部の努力によって、仕事が楽になることではなく 、自分たちで業務を改善し続けること。

「技術者でしか扱えないRPA」では
本末転倒になってしまいます。

技術者は、より専門的なシステム開発に注力する。

現場の生産性向上は、現場が自ら改善する。

それこそが本当の「働き方改革」であり、
Robo-Patが考える「効果的なRPAの活用法」です。

RPA