ロボパット画面イメージ

「業務の引継ぎ」はロボットへする時代? 我々中小企業だからこそ選ぶべき現場で活用される「RPA」の決定版!RPA Robo-Pat RPA Robo-Pat 初期0円無料トライアルあり/技術者不要現場で自動化/安心サポートすべて無料 技術者不要!その日から削減できる簡単デモ動画公開中 ロボパット画面イメージ

動作デモRobo-Patが、Excelで作られた伝票を会計ソフトに自動で転記

お問い合わせはこちら

RPAとは

RPA(Robotic Process Automation)とは
パソコン内の業務を自動化する取り組みを表す言葉です。

オフィスで日常的に行われている作業をソフトウェアロボットにあらかじめ登録しておくことで人が操作をしなくても、PCが自動的に作業を行います。

働き方改革を目指す企業様や、人材不足に悩む企業様の多くが導入を始めています。

24時間365

一度の共有で引き継ぎが完了し時間を問わず働いてくれる「優秀な社員」が御社に!

こんな声、社内から聞こえてきませんか!

そんなお悩み、ロボに引き継いでしまいませんか!

そんなお悩み、

ロボに引き継いでしまいませんか!

RPA得意とする業務

なので
職種を選ばず対応可能です!

ルーチンで発生する定型的な事務処理は


ロボットに任せることができるんです!

でも
RPAって結局どれがいいの

現在国内には非常に多くのRPAがありますが、実は出来ること自体には大きな差異はありません。
だからこそ、RPAを選ぶ際に最も重要なことは「何が出来るか」ではなく「どのようにできるか」です。

そんな導入にしないため、RPAはどのようにして使用するかシーンを具体的に想像することが大切です。

導入時考えるべき内容

誰が使うか?

どんな使い方を想定しているか?

いかがでしょうか。誰が使うか、どのように使うか、何のために使うか、

いつ使うかイメージすることで使うべきRPAは見えてきます!

いかがでしょうか。誰が使うか、
どのように使うか、何のために使うか、
いつ使うかイメージすることで
使うべきRPAは見えてきます!

現場業務最適化することに
こだわったRPA

いかがでしょうか?
導入する部門は?最適化したい作業は?

もし今「現場の実務を最適化」したいので
あればロボパットがお役にたてる領域です!

現場で活用される「RPA」の決定版!

RPA Robo-Pat

こんな人を専任者にすると成功します!

など、向き不向きがわからない場合は、無料でトライアルをしながら見極めることも大切です。

ロボパットはとにかく簡単

だから、ロボパット
こんなお悩み解消します!

ロボパットが現場でのRPA導入にうってつけの理由

もし他ツール
悩んだら下記チェック!

5つ以上あてはまる場合は「ロボパット」が向いています!

5つ以上あてはまる場合は
「ロボパット」が向いています!

ロボパット5つ特徴

  1. 1
    業務の自動化は技術者頼りではありません!

    WEB、システムに詳しくない業務部門や事務職の方でもすぐにロボに指示が可能。
    業務を直感的に置き換えることが出来ます!

    技術者が設計・作成・管理し
    「現場」の働き方をサポートする

    現場が設計・作成・管理し現場」
    の働き方を自身で変える

  2. 2
    アプリケーションを問いません!

    PCの画面に表示される画像を認識して人間がマウスとキーボードで操作することのすべてを変わりに操作出来ます。つまりシステム、Appを問わずRPAで代行可能です。

    ドキュメント

    だから、「自社開発ツール」や「独自の管理画面」も対応可能です!

    だから、「自社開発ツール」や
    「独自の管理画面」も対応可能です!
  3. 3
    一ヶ月単位で契約可能

    契約期間は、年間ではなく月単位にしました。
    繁忙期だけ導入台数を増やす、といった使い方で柔軟に補填することが可能です。

    年4回ある決算月の業務量に応じて台数(コスト)を変動させている例
  4. 4
    圧倒的に作成が簡単

    動作デモRobo-Patが、Excelで作られた伝票を会計ソフトに自動で転記

  5. 5
    1ヶ月3アカウントまでの無料トライアルが可能

    トライアルを無料で実施しているRPAはまだ国内には多くありません。でも、RPAは前述の通り使えて初めて価値が出るものです。トライアル期間中に自動化のお手伝いを弊社コンサルタントがいたしますのでまずは触れてみてください。RPA導入の成否は、誰がRPAの担当になるかによっても変わってきます。ですが、その人が向いているかどうかはやってみるまでなかなか見極めることはできません。3IDの無料トライアルは、トライアル期間中に担当者の適性の見極めにも利用でき、その後の定着をスムーズにしてくれます。

    ①申し込み → ②無料トライアル開始 → ③ご要望に応じてRPAでの自動化支援

比較しても一目瞭然

比較表

導入前ご説明
手厚対応いたします。

セミナーイメージ

セミナー

開催場所
弊社

オススメの参加者
実務担当者様

全国約3,000名に参加いただきましたRPAの活用方法ご紹介
セミナーへ無料で招待いたします。ロボパットに限らず、RPA導入にあたって共通して大切な要素についてお伝えしているのでまだ決めかねている方も是非ご参加ください。

RPAが得意とする業務はなに?そもそもどんなものがあるの?他社ではどのように活用しているの?などのご質問に対し網羅的にお応えいたします。

弊社が最も有効活用出来た方法もご紹介します。

お申し込みはこちら
個別説明会イメージ

個別説明会

開催場所
貴社

オススメの参加者
実務担当者様

御社にうかがい、個別セミナーを実施いたします。ご関係者様、実際に最適化したい業務をお持ちのご担当者様とご一緒に参加ください。

「試しに、一つ業務をRPA化」ということももちろん可能です。

セミナーに参加するには時間や距離的な制限がある、社内の多くの人に一気に説明したい、すでに自動化したい具体的業務がある、という方にはこちらをお勧めしています。

お申し込みはこちら
ハンズオンセミナーイメージ

ハンズオンセミナー

開催場所
弊社

オススメの参加者
部門長様・実務担当者様

製品版と同じロボパットを使って一緒にロボを作成しながら、特徴や操作性をご理解いただきます。もちろん他社の導入事例や導入効果など活用セミナーでお伝えしているポイントもあわせてご説明します。

ひと通りの操作方法をご理解いただいた後、ご希望のタイミングで無料のトライアルに進むことが可能ですので、RPA導入を検討段階の方は是非こちらにご参加ください。

※なお、本セミナーにはロボパットをインストールしたパソコンが必要になります。事前にお申し込みを頂き、前日に3日間有効のライセンスを発行させていただきます。

お申し込みはこちら

ご希望に応じて社内用の説明資料、業務棚卸シートなど、

今後のRPA導入にお役立ていただける資料を提供したします。

ご希望に応じて社内用の説明資料、
業務棚卸シートなど、今後のRPA導入に
お役立ていただける資料を
提供したします。

ロボパット 無料トライアル
フル活用するコツ!

ロボパットなら無料トライアルが利用出来ます!

1ヶ月間/3ID

こうやってトライアルをしてみると社内のRPA化はうまくいきます!

こうやってトライアルをしてみると
社内のRPA化はうまくいきます!
  • まずは誰に触ってもらうかを明確化させましょう!

    RPA導入のカギは実際に触ってもらう担当者によって決まります。
    トライアルでみんなに触ってもらい、一番興味を持ってくれた人を推進者に任命?

  • 向いている人を見極めましょう!

    ロボパットに専門的な知識は不要です。最適化したい業務がある、まずは動いてみるという方にはとってもうってつけです!

  • 簡単なものから初めましょう!

    まずは1つ、どんなに簡単なものでも作ってみましょう。興味を持つことが定着への第一歩です。

導入後のサポートも充実しています!!

弊社メンバーも各PCにロボパットを入れ、日々業務最適化をしています。
その中で得たノウハウやナレッジを余すことなく導入企業様にはお伝えしてします。

  • メールサポート

    メールIDでロゴ作成をサポート

  • FAQ集

    利用者様専用のサイトをご用意

  • 勉強会

    ロボ作成の勉強会を開催

イベント参加後の流れ

  1. step1
    トライアル

    1か月間の運用検証をいただくために、フル機能ロボの仮IDを最大でPC3台分発行します。

    インストール
    ロボパット、マニュアルなどをインストールして下さい
    業務選定
    ロボパットに担当させる業務の選定を進めて下さい
    ロボ作成
    マニュアルを確認しながら、ロボ作成を開始して下さい
    操作勉強会
    基本操作のレクチャーや、質疑応答を行います

    ※4ID以上でのトライアル実施は、5万円/1ID(税別)にてお受けいたします

  2. step2
    検証・ご検討

    1か月間のトライアル期間にて、様々な業務の自動化を試行してください。
    サポートサイト(FAQ・個別メール相談)、勉強会参加、勉強会動画など、導入後のサポートを全てご利用いただけます

  3. step3
    導入開始

    契約期間は「1か月単位」のため、スモールスタートや月による利用台数の変動、といった柔軟な利用が可能です。

導入事例

A社イメージ

A社の事例
サイボウズやノーツなど
あらゆるグループウェアにも対応!

業種
総務部門
概要
グループウェア経由の社内申請への対応を一括処理

「IBM Notes」を導入し、社内の申請や承認フローを運用しているA社。
総務部門では、承認された結果に基づき、アカウントの発行・修正、メールグループの作成、関係部署への連絡など、大量の事務処理業務が発生していました。
Notes内で処理できる業務は、自動処理が出来るように設定していましたが、Excelベースの管理表の更新や、他のクラウドサービスのアカウント設定、グループウェア以外のメーラーを用いた連絡となると、やは処理をする必要がありました。
以前からRPAの導入も検討していましたが、他社のRPAソフトは、グループウェアに対応していないものが多く、あきらめかけていたところで、ロボパットを導入。
上記の作業を、自動化することに成功しました。

B社イメージ

B社の事例
「AS/400」等の
レガシーシステムにも対応!

業種
運輸業
概要
一覧性の低い基幹システムからExcelへの転記を自動化

「IBM システムの安定性等の観点から、「AS/400」にて受発注管理等を行っていたB社。
システムとしては安定稼働するものの、一覧性や視認性に課題があり、報告や社内管理のために、Excelに転記するという作業を繰り返していました。
以前から「面倒」だと感じてはいたものの、「レガシーシステムだから仕方がない」とあきらめていました。
しかし、「マウスとキーボードで出来る処理は、すべて自動化可能」というロボパットの仕組みに着目して、「AS/400」での利用を実験。
無事に自動化が出来たことから、他の様々な業務フローにも、活用をし始めています。

C社イメージ

C社の事例
工数削減だけでなく、
転記ミスの撲滅にも効果!

業種
経理部門
概要
Excelに入力していた伝票情報を会計ソフトに自動転記。

「IBM 取引先への不定期支払業務について、支払の承認を決裁者から一度に得るため、Excelで一覧表を一旦作成していました。
しかし、決裁獲得後に、それをまた会計ソフトに転記する必要があり、それが経理スタッフの手間になっていました。
C社は、この業務をロボパットを用いて自動化。
不定期支払いの決裁がおりたタイミングで、あらかじめ設定されていたロボを実行することで、
・会計ソフトの立ち上げ
・パスワードの入力
・振替伝票入力画面の立ち上げ
・Excelに記載されていた部門コードや摘要、金額などを自動転記
・会計ソフトの自動保存
といった一連の作業を自動化。
無事に自動化が出来たことから、他の様々な業務フローにも、活用をし始めています。

他のRobo-Pat導入事例を見る

よくある質問

どんなソフト、ブラウザでも使えますか?
パソコンの中で、マウスとキーボードを使って操作する作業は、すべて自動化出来ます。
Internet Explorer、Chromeなど、Webブラウザの種類も問いません。
ファイルやアプリケーションを直接起動させることもできますか?
はい。可能です。
いくつものウィンドウ、もしくは複数のアプリケーションをまたいだ作業はできますか?
はい。可能です。
社内の他部署にも公開できないデータを扱っても大丈夫ですか?
Robo-Patはスタンドアロン型なので、実行用のロボを、部署単位で導入すれば、取り扱いデータはもちろんのこと、作業内容すらも他部署にみられることはありません。
ログインパスワードなど、秘匿情報を隠したいのですが?
秘匿したいパスワード等の入力を扱う専用の機能を備えています。
インストールするパソコンに必要なスペックは?
動作環境は以下の通りとなります。
OS :Microsoft Windows 7, 8.1, 10(32bit, 64bit対応可)
Microsoft Windows Server 2008, 2008 R2, 2012, 2012R2, 2016
CPU :2.40 GHz以上のプロセッサ推奨
メモリ :4GB 以上推奨(起動するアプリケ―ションの要件も考慮してください)
HDD :1GB以上の空き容量推奨
必須ソフトウェア :Java 8(JRE 1.8) ※ツール内に同梱しています
その他 :.NET Framework ※プラグインの一部で利用。通常はプリインストールされています。Microsoft Excel 2010以降 ※Excelプラグインを利用する場合に必要となります。
インストールするパソコンは、インターネットで外部に接続している必要はありますか?
いいえ。サーバーを用意したり、ネットワークに接続している必要はありません。
PC単体で稼働します。
導入費用は?
初期費用無料、保守費用無料、月額ライセンス料のみとなります。
月額ライセンス料については
・フル機能ライセンス(ロボの作成+ロボの実行)
・実行用ライセンス(ロボの実行のみ)
で価格が異なります。
詳しくは、セミナーでお問い合わせください。
契約は1年単位ですか?
いいえ。「月単位」の契約となります。
また、使用ライセンス数も、月単位で変動が可能です。
たとえば、決算期や年末調整時など、多くのロボを稼働させる必要がある月は、多くのライセンスを使い、その翌月は最小数に戻す、という変動的な使い方もできます。
まずはトライアルで使ってみたい
1か月間、無料でトライアルしていただくことが可能です。
その間のメールでの質問受付も無料です。
詳しくは、セミナーでご説明しています。

ゴルゴ13
CM動画公開中

会社概要

会社名 株式会社FCEプロセス&テクノロジー
所在地 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10階
TEL 03-5908-1415
資本金 3,000万円
役員
取締役会長
石川 淳悦
代表取締役
永田 純一郎
取締役
小林 裕