03-5908-1415 (受付時間:平⽇ 9:00 - 18:00)

RPAお役立ち資料 (オンライン)個別相談
活用セミナー/個別相談 RPA検討初期にこそ聞いて欲しい!

お知らせ

2020.09.24

お知らせ

「RPAロボパットDX」バージョンアップのお知らせ

届いたメール内容に応じて、業務を自動化!?メール応答自動化機能がスタート

「RPAロボパットDX」バージョンアップのお知らせ

 

9月24日「RPAロボパットDX」のバージョンアップ(ver1.4.1)を実施、

「メール取得から始まる繰り返し業務」を自動化しやすくする新機能をリリースいたしました。

今回リリースされた新機能を使うと「届いたメールの件名や内容に応じて、対応した業務を行う」ロボの作成が容易になります。

先行テストをグループ会社内で実施したところ月10時間もの工数がかかっていた

「イベント申込対応」が全て「RPAロボパットDX」で対応可能に。

DX化が進む中で、活用機会も増えている「メール」や「オンライン上での顧客対応」に関する業務において

RPAロボパットDXの活用機会が広がることを期待しています。

 

■RPAロボパットDX ver1.4.1新コマンド『メール取得しながら繰り返し』

—RPAロボパットDXの運用幅を広げる新コマンドがリリース—  

今回のバージョンアップでは、メールを取り込む新機能「メールを取得しながら繰り返し」のコマンドが追加実装されました。

本コマンドを活用することで「届いたメールの件名や内容に応じて、対応した業務を行う」という、

例えば以下のようなアシスタントロボがさらに作りやすくなります。

 

【例1】サービスやイベントへお客様から申込。

その後、自社システムに「①顧客情報を登録」「②お客様に返信」する自動顧客対応ロボ

【例2】メールで届く、面談予定。

「①各営業メンバーへ社内チャットで告知」「②メンバーの予定表に追記」するスケジュールサポートロボ

【例3】社内からしかアクセスのできないデータを展開[t1]。

在宅勤務のメンバーから「9月月次資料」という件名のメールを受信。

社内からしかアクセスできないシステムにログインし、

「9月の売上月次レポート」を自動作成し、経理関係者へ送付するアシスタントロボ

 

robopatDX

 

一覧に戻る