03-5908-1415 (受付時間:平⽇ 9:00 - 18:00)

RPAお役立ち資料 RPA推進セミナー
RPA&DXお役立ち情報/導入してからしまった!とならないために

株式会社アイズコーポレーション

年間で949時間のEC業務を削減!
RPA活用により捻出した時間で細やかな顧客対応を実現、顧客満足度アップへ

インテリア商品のEC事業( 福岡県)
導入ライセンス
フル機能:1ID

インテリア商品のEC事業に特化した株式会社アイズコーポレーション。
い草製品や畳・ラグなど、インテリア商品の開発・製造・企画・販売を展開するイケヒコ・コーポレーションのグループ企業です。

この事例のポイント

  • ロボパットマスター認定やWeb家庭教師を利用し疑問を都度解消

    分からなくて躓くことがあっても、オンラインで質問したり動画コンテンツを視聴したりすることで、すぐに疑問解消をすることができました。ショートカットキーの活用により動作を短縮するなど、実用的なアドバイスもたくさん得ることができました。

  • EC事業で課題の「当日出荷報告」業務をロボパットで解決

    出荷報告の遅延は、販売機会の損失にも繋がる重要な課題でした。また、遅延率を下げるために外部倉庫の出荷が終わるまで残業することも多々ありました。そのため、稼働時間に制限のないロボットが出荷報告をしてくれたらと考えました。

  • 年間949時間の工数削減!顧客満足度向上に繋げたい

    年間で949時間、業務をロボットに置き換えられると試算しています。空いた時間で今後は、学習や商品企画など収益化に繋がる業務や、お客様に寄り添ったサービスを充実させていきたいです。

INTERVIEW

※以下、敬称略アイズコーポレーションでは、EC事業の効率化とサービスの質向上のため、ロボパットを活用しています。
今回は代表取締役社長の平井雅文さんと、導入担当者の西園優美さんにお話を伺いました。

はじめにロボパット導入までの経緯を教えてください。

平井

イケヒコ・コーポレーショングループ全体でDX化を推進しており、『会社をきれいに』というテーマを掲げています。
『会社をきれいに』とは、倉庫の保管から事務作業の効率まで、全社のあらゆる業務にまつわる広義な意味を持ちます。現場・営業・事務など業種を跨いで、伝統的に使用されているスローガンです。
この言葉の影響もあり、DX化の意識は会社全体に浸透しており、年に3回と会社ごとのコンテストも実施されています。
これらの背景を受け、業務効率化の一環としてRPAツール・ロボパットの導入をイケヒコ・コーポレーションから勧められたのがきっかけでした。

イケヒコ様からのご紹介があったのですね。それまではRPAツールはご存知でしたか?

西園

RPAツール自体をあまり理解していませんでした。そのためイケヒコの担当者から、ロボパットがゴミ箱を空にする様子を実際に見せてもらいました。クリックやキーボードなどPCで行っている作業やエクセル編集などを自動化できると聞き、RPAツールに関心を持つようになりました

ロボパット導入時、具体的に解決したい課題はありましたか?

西園

誰でもできるけれど誰かがやらなければならない作業・ルーティーン業務を置き換えることで、人にしかできない売上創出や分析・新商品の企画を行いたいと考えていました。

特に、毎日実施している出荷報告を代替したいという課題がありました。
商品の販売ページで「当日出荷・翌日配送」の表記をしている商品は、注文を受けた当日に各モールに対して出荷報告をする必要があります。しかし外部倉庫を使っている場合、送状番号の伝達が夜になることもあり、出荷報告が翌日になってしまうことも多くありました。
これは出荷報告の遅延とみなされるのですが、モール上で遅延率が高まると、ランキングが低下したり、販売ページの掲載順位が下がりお客様の目に触れにくくなったりしてしまいます。出荷報告の遅延は、販売機会の損失にも繋がる重要な課題でした。
そのため、遅延率を下げるために外部倉庫の出荷が終わるまで残業することも多々ありましたが、これでは担当者の負担が大きくなってしまいます。そこで、稼働時間に制限のないロボットが出荷報告をしてくれたら課題が解決するのではないかと考えました。


出荷遅延の悩み
自動化前と自動化後の比較

実際に導入が決まり、まずどのような業務から自動化に着手されたのでしょうか?

西園

課題だった出荷報告に活用しようと考えたのですが、業務が複雑でいきなり着手するにはハードルが高く、少しつまずいてしまいました。
そこでまずは、簡単なルーティーン業務から手をつけ始めました。在庫連動のマスタ更新と呼ばれる業務で、自社システムにデータを取り込む簡単な作業です。

一度つまずくとなかなか自動化が進まないケースも多いと思います。簡単な業務から始めようと、上手く切り替えられた理由は何だったのでしょうか?

西園

ロボパットでは「ロボパットマスター認定」と呼ばれるセミナー・勉強会が充実しています。これらを受講しロボパットを学んで理解してから、様々な業務に展開しようと考えました。そのため、まずは簡単で分かりやすい業務から着手すれば良いと切り替えられました。

導入にあたり、社内でのチーム編成などに工夫はありましたか?

西園

今回の導入に伴い、RPA推進メンバーを作りました。様々なロボットが作成できるよう、各セクションから招集しました。
具体的には、受注・経理・店長・商品部・企画部から参加してもらいました。このチームで、2022年3月までにRPA操作できる人を3名以上、ロボットを100個以上作成するという目標を立てました。

さらにこの目標をもとに、増やすこと・減らすこと・変えることの3つの行動を決めました。
増やすこととは、操作ができる人・売上・顧客満足度。減らすことは、作業・業務の無駄・残業。そして変えることは、既存の仕組み・仕事のやり方と考え方です。
これらを整理した上で、RPA導入を進めていきました。

ロボパットを実際に触ってみて、いかがでしたか?

西園

まず単純に楽しかったです。思い通りにロボパットが動き、業務を作っていける。分からなくて躓くことがあっても、オンラインで質問のできる「Web家庭教師」サービスや動画コンテンツを視聴することで、すぐに疑問解消をすることができました。ショートカットキーの活用により動作を短縮するなど、実用的なアドバイスをたくさんいただきました。

また、全てのロボットに組み込んでいるのがエラー検知やIf(何かあった時の対処法)の設定です。
例えば商品ページで一定時間画面が変わらなかったら検知してエラーを回避するなど事前に対策をすることで、業務を止めずに進行できています。イレギュラーが発生した際にはその対処法を都度講じることで、常にロボパットの質を向上させています。

あらゆる業務にロボパットを活用いただいていると思いますが、特に自動化が進んでいる業務はありますか?

西園

各ショップの店長は毎朝、売上やアクセス・転換率などのデータをチェックする業務がありました。これをロボパットで自動的に数字を引っ張ってくることで、毎朝手動で数字を確認する作業が無くなりました。結果、売上を作るための時間を増やせていると感じています。

商品部や企画部では、日々の実績データや各モールのランキングデータの分析にロボパットを導入しています。このデータをもとに新たな商品企画や仕入れの効率化・改善に活かせていると感じています。

ロボパットの活用例

様々な部署で自動化が進んでいるのですね。ロボパット導入後の具体的な効果を教えてください。

西園

年間で949時間、業務をロボットに置き換えられると試算しています。今後は空いた時間で、学習や商品企画など収益化に繋がる業務や、お客様に寄り添ったサービスを充実させていきたいです。

また、社員の働き方やモチベーションにも大きな変化がありました。毎日決まった時間にしなければならない、ただの作業がなくなったのは社員のストレス軽減に繋がりました。

現在は出荷報告もロボパットを活用できているので、当日中に出荷報告するために夜遅くまで残業するということも無くなりました。これにより出荷報告の担当者の働き方は劇的に変わりました。

西園さん操作

特に働き方に変化のあった部署などはありますか?

西園

3万点にものぼる商品のリードタイムや在庫情報などを管理する業務は、セキュリティ上マスタ権限が割り当てられている担当者が限られています。この在庫管理がしっかりしていないと、売越しが発生したり、在庫がないのにカートが空いてしまったりとお客様にご迷惑をおかけすることになります。毎日発生する作業のため、権限のある社員が同時に休むわけにはいかず、休みを取るのにも、事前に社員同士で調整する必要がありました。

しかし、ロボパット導入後は自由に休みを取ることができています。社員からは「作業から解放された!」という喜びの声も挙がっています。ロボパットであれば人的ミスもないため、安心して作業を任せています。

業務効率化だけでなく、働き方改革にも寄与したんですね。そこまでロボパットを活用できた背景は何だったのでしょうか?

西園

ロボパットのセミナーで聞いた、RPAで自動化すべき業務を見極めるコツが参考になりました。

特に印象に残っているのは「洗濯機」の例えです。洗濯機は「洗う」「すすぐ」「脱水」などを自動でおこなう全自動洗濯機が主流ですが、服を仕分けたり干したりといった「洗濯」全てを自動化するのは困難です。私たちも同様に大きな目標をいきなり取り組むのではなく、小さなできる業務から効率化させていくことを重視しました。
また、推進メンバーを中心に「何か置き換えられる業務はないか」という意識は常に持っています。

平井

ロボパットのセミナーで聞いた、RPAで自動化すべき業務を見極めるコツが参考になりました。

『会社をきれいに』というスローガンはもちろんのこと、統合や標準化、時短というキーワードは、全社で日常的に繰り返し使われる言葉なんです。属人化をなくし、より作業効率を高める。これは全社での共通言語になっています。

属人化を排しさらなる成長

2022年3月までにRPA操作できる人を3名以上、ロボットを100個以上作成するという具体的な目標を掲げてロボパットを順調に展開されていますが、目標に対する現状(2021年10月時点)の達成率はどのくらいでしょうか?

西園

ロボパットを使用できる人数は3名以上いるため、100%達成しております。ロボットの数は大体目標に対して40%ほど。
少し進みは遅いですが、今は数を無闇に増やすよりも、エラー修正などを行うことで作業の質を高めることを重視しています。より確実にロボパットで代替できる作業を増やしていく。その意識で導入を進めています。

DXの定義を理解し推進するためには

今後自動化させたい業務はありますか?

西園

企画・受注側は自動化が進んできているので、今後は経理業務でも活用していきたいですね。まずは売掛金の確認などから作っていきたいと思います。
最終的には、受注業務・作業にあたるものは全てRPAに置き換えたいです。注文を受けて、売り上げ計上までイレギュラー以外は全てRPAで完結させたいと考えています。

様々な作業をロボパットに置き換えることで、「人にしかできない仕事」を行う時間が増えてくると思います。どんな業務を増やしていきたいか、展望をお聞かせください。

西園

今まで作業に追われていた社員が、お客様からの電話やチャットを通したお問い合わせへの対応をすることが可能になります。お客様からのお問い合わせは、多いときには1日数百件にも登ります。EC業務でお客様へのレスポンスを充実させることは、顧客満足度を高めリピーターを増やす上でとても重要な要素です。
また、ランキングなど人気商品の分析を行うことで、在庫管理や仕入れの質を高めたり、新たな商品企画に活かしたりしていけると考えています。

平井

アイズコーポレーションは『お客様に、ここで買ってよかったと思われる商品・サービスをお届けする』ことをミッションに掲げています。ロボパットの力を借りることで、ミッションの実現に近づけていきたいと考えています。

ミーティング風景

ロボパットはどんな企業におすすめでしょうか?

西園

独自の基幹システムを持っていたり、複数の店舗を展開していたりする企業はまず試してみると良いと思います。

ある程度店舗数があれば必ず、在庫連動や発注業務、出荷報告などの業務がかさんでいるかと思います。ロボパットを導入することで複数のモールを連動して正しく在庫を管理し、売りのチャンスを逃さずに商品を販売することが可能です。出荷報告が夜遅くまでかかってしまい、悩んでいる同業のEC業者も実際にいるので、ぜひロボパットの活用をおすすめしたいです。

セミナーの活用や推進チームでの行動目標など、積極的にRPAツールを活用する工夫がたくさん感じられました。本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。


導入担当者からのコメント

藤城 欣央 営業推進部・DXチーフコンサルタント

平井社長、西園様、素晴らしい活動をご共有頂き有難うございました。ご担当の西園様とは、トライアル時からやりとりさせて頂いております。導入当初から、会社の中でリーダーシップを発揮され、ロボ作成を推進していらっしゃいました。壁にぶつかっても、ロボパットのサポート等を活用し、軌道修正に取り組み、着実に前進させている点は多くの企業様のお役に立つ内容だと思います。今後も、積極的に活動を推進し、当初の目的である「人にしかできない売上創出」や「分析・新商品の企画を行うことができる時間」の創出を、より多く実現頂きたく存じます。

この記事を書いたコンサルタント

藤城 欣央

営業推進部・DXチーフコンサルタント

大学卒業後、東証一部上場のPCサプライメーカーにて、流通、官公庁・法人営業のルートセールス、新規開拓に従事。その後、東証一部コンサルティング会社にて、経営コンサルティングのプレイングマネージャとして活動。FC加盟・立地開発、資金調達・人材採用をはじめとした出店支援を行ってきた。その後、企業の組織変革と人材育成、生産性向上における研修営業・講師・コンサルティングに携わり、現職に至る。ロボパットを通じて現場主導のDXを推進し、日本の企業の人財育成、組織風土変革に挑戦するという想いで活動中。

記事をさらに見る

相談する

近しい事例を探す